外車と国産車を語る日記です


by gonpan123

<   2009年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

アイビー

観葉植物は街のいたるところで、特に人の集まる病院や役所、さらには病院や会社のオフィス、受付などに置いてあるのを見かけます。観葉植物で街中でよく見かけるものにはアイビー、パキラ、ポトス、カポック、タイガーテールなどでしょうか。割に種類は限られます。観葉植物の存在に気づかない人の心にも、潜在意識に安らぎを与えてくれるそうです。観葉植物の中でも、特に見かけることの多いアイビーを例にして、観葉植物の育て方、長持ちのさせ方そして人々とのかかわりについてみてみましょう。ヨーロッパ原産の観葉植物の中でもアイビーはもっとも有名なもので、そして丈夫で乾燥や低温に強いこと、病気になりにくい観葉植物であることで知られています。アイビーの観葉植物として一番便利な点はつた系植物らしく日当たりを気にしなくてもよいと言うことです。半日照でもOKなので、カーテン越しの日差しや、窓の小さい部屋などの暗めの場所に置きっぱなしていても何とか持ちます。アイビーと言う観葉植物は乾燥や低温に強いので、一年中戸外で維持することもできるのですが、それだと緑の可愛らしい葉っぱが赤くなったり黄色くなったり見た目ががらりと変わりますので、風水上は問題があるかもしれませんね(笑)。アイビーの場合、水やりに関しては、アイビーを植えてある観葉植物用の鉢の土の表面が乾いたら水をかけてやる、程度でのいい加減な感覚でいいのですが、そのときはたっぷりかけても軽くでもかまいません。
[PR]
by gonpan123 | 2009-10-15 22:29